「新型コロナワクチンをリバースエンジニアリングする
という気になる見出しの記事を見つけました。

 ときに、
ワクチンは大きく分けて3種類あるいは4種類くらいあるようです。
弱毒化させた生ワクチン
ウイルスの活性を失わせた不活化ワクチン
そして新型コロナワクチンで注目されている
・mRNAワクチン
あと、
トキソイドというのもあるようです。
こちらの記事も色々と勉強になりますね。

 安全性の観点からでは、
生ワクチン < 不活化ワクチン < mRNAワクチン
の順に高い模様です。

 さて、ワクチンというのは

病原体から作られた無毒化あるいは弱毒化された抗原を投与することで、体内の病原体に対する抗体産生を促し、感染症に対する免疫を獲得する。

というもので、
免疫系に学習させて病原体に対抗する物質を生産させるってことですね。

 んで、
掲題の元記事がこちら↓
[翻訳] BioNTech/Pfizer の新型コロナワクチンを〈リバースエンジニアリング〉する
なかなかに興味深い内容です。

 ワクチンにはソースコードに相当するものがあり、
それをDNAプリンターで出力し、さらにRNAとして生成するそうです。
DNAをフラッシュメモリのような不揮発性メモリ(ストレージ)、
RNAをコンピュータのRAMのような揮発性メモリに例えているのが、
プログラミング的に分かりやすかったりしました。
実際、HDDやSSDのようなストレージからプログラムのファイルを
RAMに読み込んで実行していますよね。

 mRNAワクチンってやつは、
「免疫系に学習させる」ということでは
生ワクチンや不活性ワクチンと同様なのですが、
より精密で強力だそうです。

 細胞内にあるリボソームと呼ばれる、
タンパク質の3Dプリンターに相当する器官に、
mRNAが読み込まれると病原体を識別するタンパク質が産出され、
それを免疫系が学習することで抗体ができるということらしい。

 ただ、mRNAワクチンのような外来RNAは、
免疫系が異物と判断してしまうので、
その辺を回避するような工夫がされているそうです。
なかなか巧妙なのですね。
ワクチン製作者がRNAハッカーのように思えてきます(^_^;)

 それにしても、
いわゆるコンピュータウイルスに対するワクチンを作る過程と
同じようなことをやっているのが面白い。
ウイルスのコードを解読して、無効化するプログラムを作る。
まさにプログラミング的な作業ですね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。が付いている欄は必須項目です。