WSLというのは、
ざっくり言えばWindowsでLinuxを動かす仕組みのこと。
WSL1WSL2がありますが、後者は軽量な仮想マシンな感じ。

 ただ、WSLを導入しても、
ターミナルなアプリとか使ってCUIで操作する感じになります。
まぁ、それで十分な場合なことも多いと思いますが、GUIでやれるとより良いですよね。

 Windows上で動くXサーバとか導入すれば、
GUIなアプリも行けるはずですが、それなりに手間がかかって面倒っぽい?

 そんなこともあり、
自分はWSLはまだ導入したことなかったのですが、
WSLg」なる新機能によって、
Linux GUIアプリがWindowsでお手軽に動作可能になるようです。

 自分のPCは、
KubuntuとWindowsのデュアルブートにしてあるのですが、
いちいち再起動し直す必要があるのが少々面倒に感じていました。
WSLでお手軽にやれるようなら、いずれこっちにしてみたいかな(^_^;)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。が付いている欄は必須項目です。